お知らせ

第24回・勉強会のご案内

有機系廃棄物資源化協会 第24回・勉強会のご案内
  9月29日(木) 14時開始、13時30分から参加受付。

★★ 今回の勉強会は、河野代表から「有機系廃棄物資源化体系標準化」の話と
   2番目に15:00-15:40 勉強会・講話 (オランダとZOOM)
  演題  「Mavitec Green Energy と、Mavitec Environmental の活動と機器について」
  講話者 ・Koen van Veldhuisen / クーン・ファン・フェルトハウゼン
       (Mavitec B.V. セールス・マネージャー)
      ・Radboud Molijn / ラッドバウド・モライン
       (Global Bridges B.V. 代表)
      ・Waka Otsu / 大津わか
       (Global Bridges B.V. プロジェクトマネージャー/通訳)
      ・Diederik Eggenkamp / ディドリック・エッヘンカンプ
       (Global Bridges B.V. プロジェクトマネージャー/通訳)

    3番目に(株) イーシスの石井美也紀社長から、「廃棄物のトレーサビリッ
ティ」
    です、有機系廃棄物資源化に関心の有る方のご参加をお願いします。

■ 第24回 OWRAセミナー 参加費無料。
 日時:9月29日・木曜日・13:30から会場受付、14:00 勉強会開始。
 会場:衆議院第二議員会館地下 第8会議室。
     https://bb-building.net/tokyo/deta/458.html

勉強会に参加ご希望の方は「セミナー案内」から会場参加またはZOOM参加を選んでお申し込みください。

8月勉強会は25日(木)です。

■ 第23回 OWRAセミナー 参加費無料。
 日時:8月25日・木曜日・13:30から会場受付、14:00 勉強会開始。
 会場:衆議院第二議員会館地下 第8会議室。
     https://bb-building.net/tokyo/deta/458.html
有機系廃棄物の西の横綱「廃タイヤの資源化」で最も関心の高い
油化技術と事業化へ向けての最新情報をお伝えします。

勉強会に参加ご希望の方は「セミナー案内」から会場参加またはZOOM参加を選んでお申し込みください。

勉強会年内の日程

OWRA勉強会の予定は下記の通りです。
会場:衆議院第二議員会館・オンライン
時間:13:30受付開始 14:00開始
日程:
・第22回7月28日(木)
・第23回8月25日(木)
・第24回9月29日(木)
・第25回10月27日(木)
・第26回11月24日(木)
・第27回12月22日(木)
勉強会開始に先立ち会場及びZOOM参加者の皆様に、
2分間で自己紹介と企業PRの場を提供しております。

■有機系廃棄物資源化協会・実証実験見学会のご案内

実証実験見学会のご案内
■有機系廃棄物資源化協会・実証実験見学会、開催要領
1.日時 6月15日(水) 12:30 集合、13:00開始、17:00 終了予定。
2.場所 静岡県 富士市天間1984大石工業第二工場
3.実験 「K2・連続炭化装置」による生ごみ処理 → 土壌改良剤生産実験。
4.特長 従来生産されていた炭化装置は大部分がバッチ方式による間欠運転でした。
  今回、公開実験のK2連続式炭化装置は、24時間連続運転を可能とした、画期 的な製品です。
  生産物「K2新炭」は優れた土壌改良剤であり、その他幅広い用途を持つ製品生産が可能です。
5.製品 今回の実験に使用する機器は、6月末にネパールへ輸出される製品です。
6.人数 場内同時参加者数の人数制限があります。
7.質問 詳細説明をご希望の方は、下記申込項目でご意向をお知らせください。

■見学会参加申込
  このK2連続式炭化装置に興味があり、実験を希望される方は、
  この協会からのご案内メールに、下記要目ご記入の上返信してください。

1 企業・庁名
2 所属・役職
3 代表者ご氏名と参加ご希望人数
4 メールアドレスと携帯電話番号
5 見学会参加目的
6 「詳細説明を受けてから参加する」、又は「説明不要」のいずれかを抹消。


■衆議院議員会館で毎月開催されるOWRA勉強会で報告します。
 第21回 OWRAセミナー 参加費無料。
 日時:6月23日・木曜日・13:30から受付、14:00開始。
 会場:衆議院第二議員会館地下1階 第3会議室。

■ 行事概要
 13:30 受付開始
 14:00-14:30 会場とZOOM参加者の自己紹介・自社PR・各自2分間の予定。
  自己紹介中に、衆議院議員 東 国幹(あずま くによし)氏 ご挨拶の予定
 14:30-16:00 勉強会・講話

  演題  生ごみ原料による連続式炭化装置の実証実験の報告。
  講話者 (一社)有機系廃棄物資源化協会 代表理事 河野順一。
 16:00-16:50 質疑応答。名刺交換など。 17:00 閉会

★★ 参加要項
(1) 参加資格
  会員登録者、又は入会ご検討中の方。
  既に顧問として協会活動支援をご承諾頂いている方。
  自治体・環境部門や、ゴミ処理事業に関係している方。
  有機系廃棄物資源化とその利用に関心がある方。
  循環型地域社会づくりに関心がある方。

(2) 申込方法
  OWRA公式ホームページの 「セミナー案内」から、
  会場参加又はZOOM参加を選んで、
  開催前日の6月22日までにお申込みください。
 「セミナー案内」

第13回勉強会開催のお知らせ

OWRA オーラペディアと、木質系バイオマスボイラーの話 (無料セミナー)
★★ 6月30日・水曜日・OWRA定例勉強会を開催します。

  今回の勉強会テーマは,有機系廃棄物資源化事業のデータベース計画

  「OWRA PEDIA (オーラペディア)」を選びました。

  誰でも、「有機系廃棄物を資源化したい」と言うときに役立つように、

  廃棄物=原料、処理システム、処理物=製品を網羅した虎の巻です。

  編集に当たっては、協会顧問の皆様を始めとして、広く知識・経験者

  から情報提供を受け、年度内に初版を固めようというものです。

  また、木質系バイオマスボイラー事業で成功している、

  国洋環境開発研究所の青島社長からお話しを伺います。

  有機系廃棄物資源化に関心のある方は是非参加してください。

★★ 今回は感染防止の観点から会場参加人数を20名に限定させて頂きます。

  会場参加希望の方は、下段の申込要領をご覧ください。

  ZOOM中継も行いますので、多数ご参加願います。

■資源化可能な有機系廃棄物の種類。

 生ゴミ・食品加工残滓・コンビニスーパー廃棄物・廃棄木材

 水産加工廃棄物・酒焼酎粕・茶珈琲粕・下水汚泥・

 し尿汚泥・家畜糞尿・家畜死体・屠殺廃棄物など

 OWRAは有機系廃棄物資源化とその利用の道を探ります!

★★ 第13回 OWRAセミナー 参加費無料。

  日時:6月30日・水曜日・・13:30から受付、14:00開始。

  会場:衆議院第二議員会館 第8会議室。

  https://mapfan.com/spots/SCAQC,J,QVY2V0

★★ 行事概要

 13:30 受付開始

 14:00-14:30 好評・参加者の自己紹介、自社PR、各自2分間。

 14:30-14:35 挨拶 当協会代表理事 河野順一。

 14:35-14:40 挨拶 衆議院議員 原田義昭(前環境大臣)予定

 14:40-15:10 勉強会・講話

 講話者 (一社)有機系廃棄物資源化協会 代表理事 河野順一。

 演題:オーラペディア・有機系廃棄物資源化虎の巻、制作開始。

 15:10-15:40 勉強会・講話

 講話者 国洋環境開発研究所の青島社長。

 演題:木質系バイオマスボイラー事業の成功例。

 15:40-16:00 質疑応答・意見交換。

★★参加要項

(1) 参加資格

 会員登録者、又は入会ご検討中の方。

 既に顧問として協会活動支援をご承諾頂いている方。

 自治体・環境部門や、ゴミ処理事業に関係している方。

 有機系廃棄物資源化とその利用に関心がある方。

 循環型地域社会づくりに関心がある方。


(2) 新型コロナウイルス対策は、本文最後に掲載しております。


(3) 申込方法

議員会館のセキュリティ対策手続に参加者名簿を提出するため、

 開催前日までにお申込みください。


 「セミナーの申し込み」はこちら

 スマホから申し込みは
  ↓↓↓



第12回勉強会開催のご案内

■OWRA 有機系廃棄物資源化と排出権取引の話 無料セミナーのご案内

★★ 5月28日・金曜日・OWRA定例勉強会を開催します。
  今回の勉強会テーマは,有機系廃棄物資源化事業の有力な支援制度のひとつ、
  「排出権取引・カーボンフリークレジット」を選びました。
  排出権取引制度の入門編を河野、実際面での取組について」を選びました。

  イーライフの原副社長からお話しを伺います。
  有機系廃棄物資源化に関心のある方は是非参加してください。

★★ 今回は感染防止の観点から会場参加人数を20名に限定します。
  会場参加希望の方は、下段の申込要領をご覧ください。
  ZOOM中継も行いますので、多数ご参加願います。

■資源化可能な有機系廃棄物の種類。
  生ゴミ・食品加工残滓・コンビニスーパー廃棄物・
  水産加工廃棄物・酒焼酎粕・茶珈琲粕・下水汚泥・
  し尿汚泥・家畜糞尿・家畜死体・屠殺廃棄物など
  OWRAは有機系廃棄物資源化とその利用の道を探ります!

★★ 第12回 OWRAセミナー 参加費無料。
  日時:5月28日・金曜日・13:30から受付、14:00開始。
  会場:衆議院第二議員会館 第8会議室。
      https://mapfan.com/spots/SCAQC,J,QVY2V0

★★ 行事概要
  13:30 受付開始
  14:00-14:30 参加者の自己紹介・自社PR・各自2分間。
  14:30-14:35 挨拶 当協会代表理事 河野順一。
  14:35-14:40 挨拶 衆議院議員 原田義昭(前環境大臣)予定
  14:40-15:10 勉強会・講話
   講話者 (一社)有機系廃棄物資源化協会 代表理事 河野順一。
  演題:排出権取引・カーボンフリークレジットの入門編。

  15:10-15:40 勉強会・講話
  講話者 イーライフ(株) 副社長 原 日本。
  演題:有機物の無機化と180トン/年のCO2 削減効果。

  15:40-16:00 質疑応答

★★参加要項
(1) 参加資格
  会員登録者、又は入会ご検討中の方。
  既に顧問として協会活動支援をご承諾頂いている方。
  自治体・環境部門や、ゴミ処理事業に関係している方。
  有機系廃棄物資源化とその利用に関心がある方。
  循環型地域社会づくりに関心がある方。

(2) 新型コロナウイルス対策は、本メールの最後に掲載しております。

(3) 申込方法
議員会館のセキュリティ対策手続に参加者名簿を提出するため、
  OWRA公式ホームページの 「セミナー案内」から、
  開催前日の5月27日までにお申込みください。
   https://owra.jp/75063/seminar/

★★ OWRA 有機系廃棄物資源化協会の活動指針
第1号 「生ゴミは、焼かない・埋めない・運ばない、飼料・肥料・燃料の原料だ!」。
第2号 「家畜糞尿は、有機農業拡大に必要な有機肥料の原料だ!」。
第3号 「発酵乾燥処理された燃料の専焼ボイラー開発・改良」。

★★ NHKの好評番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」に、
  当協会顧問・吉村和就 (ヨシムラ カズナリ・グローバルウォータ・ジャパン代表)が出演し、
  水問題の専門家として、国内水道事業の課題について有益なお話をされますので、
  是非ご覧になってください。
      5月29日(土).20:15~20:45。同時間帯にNHKプラスで配信。
  再放送 6月 5日(土).20:15~20:45。同時間帯にNHKプラスで配信。

  https://gwaterjapan.com/profile.html

★★新規入会募集中です、有機系廃棄物の資源化に関心のある方は、
  是非入会されて、分科会やOWRAプロジェクトで活躍してください。
  引き続きご指導ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■

 一般社団法人 有機系廃棄物資源化協会・事務局
 OWRA・オーラ (Organic Waste Recycling Association)

 代表理事 河野順一 080-3261-0163 jkk@blue.ocn.ne.jp
 常務理事 清末英荘 090-2482-8783
 理事    清水英夫 070-1581-3700
 176‐0012 東京都練馬区豊玉北 5-29-4 6F
 電話 03‐5987‐8200
 URL https://owra.jp
■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■
★CBメルマガ配信サービスから送信 (運用責任者・河野順一)

【コロナ対策のお願い】
 新型コロナウイルス感染防止対応が求められております。
 消毒対策を整えておりますが、ご参加の皆様におかれましても、
 次の点にご協力ください。

★参加人数の制限
・感染防止の観点から今回は会場での参加人数を15名に限定します。

★以下に該当する方は、出席をご遠慮ください。
・当日、発熱(37.5℃以上)や体調不良を感じられる方
・この2週間以内に海外から帰国された方

★会場でのご注意
・議員会館へ入館の際に、設置されている手指消毒薬を必ずお使いください。
・会場ではマスクを着用してください。
・当日配布する緊急連絡先記入票に必ずご記入の上、提出してください。

★名刺交換でのご注意
・挨拶される際は適切な距離をお取りください。
・名刺交換では出来るだけ接触することを避けてください。
・握手はされないようにお願いいたします。
 時節柄、状況ご賢察のうえ、参加のご判断は慎重にお願い致します。

 ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。






WEBサイト開設のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、WEBサイトを開設いたしました。
より一層の内容充実に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。