大阪府大東市・市役所から発生する残飯を堆肥化し生ごみ削減

大阪府大東市は4月1日から「『生ごみ実質ゼロ』作戦」と銘打って、市役所職員の弁当の食べ残しなど、庁舎内から発生する生ごみを減らす取り組みを始めた。庁舎内の給湯室にバケツを設置して残飯を回収。市役所敷地内に設置した段ボールコンポストに投入して、微生物の力で堆肥化する。出来上がった堆肥は、市内の空き農地で高齢者が取り組む野菜作りに供給するほか、畑や花壇をつくる市民へ無料で提供することにしている。


段ボールコンポストへ投入された残飯(写真:大東市提供)

大東市環境課ホームページ
?Gg[???ubN}[N??